Windows Vistaを高速化する方法

ここでは、Windows Vistaを高速化する方法に関して知っておいたほうが良い情報などについて考えてゆきます。

Windows Vistaが備えるディスク高速化機能「Windows ReadyBoost」へ対応をしたUSB 2.0メモリが色々と出回ってきていますが、ReadyBoost機能は、USBメモリに限らず外部メモリを用いてVistaを高速化する方法としてかなり普及してきているようです。 さて、パソコンの高速化を契機に、インターネット接続の方もようやく光ファイバーにしたのですが、安直にN社にしなくて良かった…今更ですが、ここの光ファイバー比較 で選ぶと、やたらと何ヶ月も無料になったり、回線の安定度も高くかなり良い感じでした。知人の場合、ファイバーのない地域なのに月額でかなりのコストダウンができたみたいです。私の場合、ネットとパソコンの両方とも高速化したことが現在の快適さの基盤になっています。 さて、旧いマシンを用いる場合、もっとも手っ取り早い、高速化の手法としては、[スタート]→[コントロールパネル]→[デスクトップのカスタマイズ]→[個人設定]→[視覚デザイン]で、[Windows Vistaベーシック]を選択すると、Aeroがオフになり、パソコンに対する負担が大きく軽減します。

Windows 7がサクサク動くパソコンの比較
低価格でも高機能なレンタルサーバーの比較

SSD(Solid State Disk)というのがこれから出回ってくるようですね。すでに100Gを超えるディスクも出そうな気配ですから、これからデスクトップはともかくモバイル分野においては、ハードディスクからの置き換えが進む可能性があります。SSDは高速で低消費電力であるため、モバイル用途にはうってつけかもれしません。 Windows Vista は、スタンバイと休止を併用した設定になっているようですね。通常はスタンバイを使い、万一のトラブル時には休止同様にハードディスクに記録したデータを利用するようです。これはかなり便利という印象です。 実際、パソコンの起動終了に待ちさせる時間がかなり短くなった印象です。ただ、やはりパソコンの性能が低いとダメですね。

[Attosoft] Win高速化 PC+
Win高速化 PC+
Windows高速化とか
マイクロソフト Vista
Wikipedia

Windows Vistaの注目情報




inserted by FC2 system